筋肉トレーニングの効果を高める

筋肉トレーニングの効果を高める

加圧トレーニングは、一度に両方の能力を高めるってことが出来る。トレーニングした箇所に筋肥大と筋力の向上が見られることは、通常の高重量トレーニングと同じだ。

その名のとおり、圧力を加えることで筋肉トレーニングの効果を高めるのが加圧トレーニングだ。しかし加圧トレーニングでは、持久力の向上もみられてる。

自宅などで取り組めるわけだ。なお、手足の付け根を縛る素材は、伸び縮みしないものだと動作の邪魔となりましましたり痛みを生じたりして好ましくはない。

ある意味トレーニング時間の短縮に繋がる。具体的には四肢の付け根を伸縮性のゴムチューブやベルトなどで縛ることによりまして、血流を滞らせた状態で軽快負荷のトレーニングを行う。

筋肉は大きな負荷がかかってると鵜呑み、本来は大きな負荷でしか使わないはずの筋肉群も動員するうえ、成長ホルモンも多くない負荷に見合っていないすべての量を分泌させる。これによって大きな重量を用意できません場合しかし、筋肉に高負荷を与えたのと同じ効果を実現出来る。

すると血流中の酸素量は減少し、これが筋肉を見間違いさせる。通常、最大筋力を鍛えているトレーニングと持久力を鍛えるトレーニングは別に行う必要があった。